買取と下取り

買取と下取り

車を売るときに、買取と下取りと2種類の方法があります。この2種類の方法はどのような違いがあるのか。

 

その違いをしっかりと知ることで、よりスムーズに車を売ることが出来ます。以下にこの2つの違いについて説明しますのでぜひ参考にしてください。

 

まず、買取について説明します。これは、今乗っている車を売り、現金を受け取ることになります。

 

この場合、買取り価格は、業者間オークション相場が元になってきます。相場の価格を元に装備や程度なども含めて総合的な価格を算出していくので、エアロやカーナビ、アルミホイールといった社外品パーツもプラス評価対象となります。

 

次に下取りについて説明します。下取りとは、今乗っている車を売り、その代金を同じ販売店で次に買う車の購入資金に充てることをいいます。

 

この場合、通常ですと各販売会社が用意する下取り基本価格表が元になります。業者間オークション相場と連動していないケースが多いので、エアロやカーナビ、アルミホイールといった社外パーツはあまり評価されないと考えたほうがいいでしょう。

 

以上、買取と下取りについて説明してきましたが、どちらが得なのかはケースバイケースとなります。ですから、事前に買取専門店などで査定を受けながら、次に買う車についてもきちんと計画的に決めておくことで確実に得することになります。

 

買取専門店などで査定を受けて情報を収集しつつ、正規ディーラーの下取り強化キャンペーンもマメにチェックしておくのが賢いやり方になります。