説明書と記録簿

説明書と記録簿について

中古車の買取においては、マイナス査定の扱いを受けないためのチェックポイントがあります。

 

もちろん無料一括査定サービスのサイトを利用するのですが、ごく基本的な条件をクリアしていない方が意外といらっしゃるようです。

 

ひとつ目はズバリ「整備点検の記録簿を確認していない」ということです。

 

整備点検の記録簿は、現在までのあなたの車の定期点検、オイルやエレメント交換、タイヤ交換、故障修理の内容などあらゆる経過情報が時系列に掲載されているものです。

 

もちろん昨今話題になっているメーカー公開の車輛においては、リコールの対応処理についても記載されていますので、非常に重要な書類となってきます。

 

記録簿がなければ極端な話“事故車両”として査定されてしまう可能性がもあります。もちろんこれはモロにマイナス査定ですから、買取価格も相当覚悟しておかなければなりません。

 

それと取扱説明書ですが、紛失されないようにしっかりと保管しておいてください。

 

これはクラシック車や輸入した車などでも必要な書類です。この取扱説明書がなければ正確な操作方法もわからないままになってしまいます。

 

特に最近の車はコンピュータ制御でその構造も緻密になっています。それだけに取説の有無は重要になっていますからご注意を。