買取査定の流れ

買取査定の流れ

最近では、ネットでの買取査定がスタンダードになりつつあります。ですから、ここでネットでの買取査定がどのような流れで行われているのかお話します。流れを掴むことで安心してスムーズに車を売ることが出来ますからね。

 

買取査定は、まずはインターネットでの査定申し込みから始まります。車種、走行距離、傷の有無、喫煙など。各種項目を記入していきます。スムーズに話を進めていくことが出来るように、年式や走行距離は入力する前にメモを取って確認しておくと良いでしょう。

 

必要事項を入力して送信すると、遅くても翌日には買取業者の方から電話、又はメールの形で連絡があることでしょう。数日経っても連絡がない場合は送信ミスが考えられます。無事に連絡があれば、おおまかな査定額を伝えられます。

 

その後に、伝えられた査定額をもとに本査定として、買取業者に直接車を見てもらう形になります。ネットでの一括査定はあくまでおおまかなものですから、実際に査定士が見てきちんとした査定額をつけるというわけです。

 

本査定の結果、買取価格に納得できるようでしたらそのまま正式な契約に移ることになります。この際に各種書類や印鑑が必要になってきますので、売却を検討しているならあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

 

準備するものは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証明書、納税証明書、車の譲渡証明書、委任状となります。

 

査定申し込みから売却までの流れは以上となります。ぜひ参考にしてみてください。